看護師求人なら転職情報満載・未公開案件掲載多数の看護師求人ランキング!

ナースの仕事は、もちろん医療行為はありますが、その基本があるうえで「気づき」だと思います。普通に生活をしている上で、どこも悪くなく、痛くないときは良いですが、何か身体にトラブルが起こったとき、人は病院へ行きます。大きなことも、小さなことも、その判断は一般の人には難しいと言えるでしょう。何を伝えたらよいかわからないほど慌てることもあるでしょう。担当した医師の説明がよくわからないまま診察室を出てしまった経験をお持ちの方も多いと思います。そんな時に大切な看護師さんの仕事。的確に必要なことを聞き出してくれる。うまく伝えられない人の場合には、もう少し角度をかえて質問をする。医師に必要なことを伝えてくれる上、医師からのお話をもう一度順を追って患者さんへ伝えてくれる。そんな何かちょっとしたことに「気づき」、専門職と患者さんをつないでくれる人。注射や点滴をするといった医療行為の中にも、常に何かちょっとしたこを見落とさないプロとしてのこだわりがあります。自分のことは自分が一番よくわかっているとよく言いますが、自分の身体に起きていることは全く理解ができないという状況になる時、一番患者さんの側にいて、必要なものをつないでくれるコーディネーターとなってくれる存在です。患者さんに寄り添う看護、看護の心とは、生活ということも視野にいれた幅広いケアです。もちろん、ナースさんが全てを担ってくれるわけではありませんが、必要なことに気づき、その方の悩みに対して今何が必要なのかを常に考えてくれる人。ナースさんの中には、コミュニケーションについて専門的に学ぶ人、福祉系分野についても学び、退院後をサポートする介護支援専門員の資格も取得している人も多くみられます。そして、特別な認定資格をもつ人。医療分野として幅広い知識を持ちながら、患者さんに何が必要かを、その状況を正しく医師に伝えてくれる人として、今、自分の身体におきたことに困っている人と、医療専門職を的確な「気づき」によってしっかりと繋いでくれるのがナースです。